FC2ブログ
Childlike wonder製作者ブログ | イサナラヂオで連載中の「Childlike wonder」の製作者が送るブログです。 ライフ | RSS / archives
文章・web製作→勇魚 イラスト・デザイン→やしち
#
 Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment-
Comment

Top
ブログランキング参加中! ぽちっとお願いします~!
にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ にほんブログ村 長編小説

 
 Category : ライフ

こんばんは、勇魚です。
毎月一日は映画の日、ってことで映画を見てきました。

「ラブリーボーン」

"私は、スージー・サーモン。
お魚みたいな名前でしょ?
1973年12月6日。

私は14歳で殺された――。
 
これは、私が天国に行ってからのお話。"


(解説)

監督は「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソンで、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグというとってもゴージャスな感じ。

話はスージーが死んでから、「天国と現生の間の世界」から崩壊しかける家族、片思いの先輩、スージーを殺した犯人、スージーの姿を感じることができるクラスメイトなど様々な視点からの思惑と行動が交錯して進められてゆく。

スージー自身は様々な事件――犯人によって殺された他の被害者を知ることなどを通じて精神的に成長し、最終的には「自分の死」、すなわち「自分が存在しない世界」を認めることで天国へと向かうこととなり、話は結末を迎える。

(感想)

……感動ものじゃないと思います。

例のごとく事前プロモーションは的外れすぎ。
「スピリチュアルなテイストで描かれたサスペンスホラー」とでも形容した方がしっくりくるかな、と思った。
ピーター・ジャクソン自身も「これはスリラーだ」ってパンフで言っちゃってるし。
だから映画業界のプロモーション担当、真面目に仕事しろと小一時間(ry

泣ける所といえばスージーが死んだ直後に混乱する家族の様子とか、最後のスージーの奇跡がひとつだけ叶った時ぐらいしか無いかと。
俺は、父親がスージーと一緒に作った瓶入りの模型船を泣きながら壊すシーンでぼろぼろ来ました。
ラストシーンは犯人の動向の方が気になって感動できず。

なんか、期待してなかったけど面白かったかな。
中心に少女の成長を据え(←こういうのほんと好きだよね俺)、家族崩壊のドラマ、猟奇殺人というホラー、様々な愛の形など、とにかくいろいろな立場からのいろいろな思惑が交差している。
それでいてきっちり2時間強に収めているのは好感触。

圧巻なのが「天国と現生の間の世界」のビジュアルで、とてもファンタジックな世界――どこまでも広がる小麦畑、海に浮かぶ瓶入りの模型船など、現実ではない世界が広がっている(制作は「ロード・オブ・ザ・リング」「アバター」などで有名なスタジオが担当)。
これは是非スクリーンで見てほしい。
面白いのがその世界に存在するオブジェで、世界はあくまでスージーの記憶が創造したものなので話に使われたアイテムがメタファーとして世界を構築している。雪山のペンギンは子供の頃から家にあったおもちゃだったり、トウモロコシ畑は小麦畑になっていたり。

あと、劇中に登場するメタファーの使い方が精神的な恐怖を無意識に煽るようです。
俺は見ている途中に理由なく恐怖感を覚えたりしてたんですが(←ホラーがダメ)、いろいろな感想を見ていると似た意見があったので、ホラー弱い人は見ない方がいいかも。
感受性の高い人や子供は精神的に強い圧迫感を覚えるかもしれません。

……要するに俺が子供なの?

(個人的なおすすめ度)
★★★★★ ファンタジーなビジュアルは絶対に劇場で見るべし。

(公式サイト)
http://www.lovelyb.jp/

(予告編)




「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」

"17歳のパーシー・ジャクソンは難読症に悩むごく普通の青年。
しかし彼には水を自在に操れる能力が備わっていた!"


(解説)
「ハリー・ポッター」シリーズの1、2作目を担当したクリス・コロンバス監督が描く壮大な神話ファンタジー。

パーシーは海の神ポセイドンと人間の間に生まれたデミゴッド(半神半人)。
デミゴッドの訓練所に送られた彼は全能の神ゼウスの最強の武器、"ゼウスの稲妻"を盗んだという疑いをかけられてしまい、それを取り戻し母親を救うために戦う!

(感想)

一言でまとめると、

「オッス、俺パーシー・ジャクソン!
父親がポセイドンの上に若くてイケメンだぜ!

ちょww 稲妻盗んだの俺じゃねえよwww
しょーがないから、母さん助けにアメリカを車で横断してくるwww
美女とムードメーカーの三人で冥界とか神界とか行ってヒャッホウ!

あれ、なんか世界救えてね?」

……な感じ?

「X-MEN」的なノリを期待して行ったけどあれほど深くはなく、
かといって子供向けと言うほどヒーロー性もなく、
男性に勧められるほどの官能さもなく、
女性に勧められるほどの感動ものでもなく。
とにかく普通。
全編通して普通。
ストーリーも普通。
アクションも普通。

あ、メデューサ役のユマ・サーマンかっこよかったー(「キル・ビル」以降お気に入り)。
ギリシャ神話の登場人物を現代風にアレンジするとこうなるんだ、かっこいいなー。

……なんか話すことあんまないです。
別につまらなかったわけでもないんだけどなあ。

あんまり真面目に考えず、軽く見に行くといいんだと思う。
好きな異性を誘う材料にでもするといいでしょう、これを嫌う人もそうおらんだろうから。

……とりあえず、イケメンでなくて父親が電気技師な俺はどうしたらいいんすかね?

(個人的なおすすめ度)
★★★★☆ とりあえず話題作ではあるので、そういう意味で見ておいた方が。

(公式サイト)
http://movies.foxjapan.com/percy/

(予告編)





次は「アリス・イン・ワンダーランド」「SとM 劇場版」「ダレン・シャン」「第9地区」あたりが気になるところ。

次点として「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」「劇場版TRIGUN(トライガン)-Badlands Rumble-」あたりも抑えておきたいかなー。

ネタで「ニンジャ・アサシン」「TEKKEN-鉄拳-」。

怖いもの見たさで「隣の家の少女」(精神的に耐えられる気がしないが)。

スポンサーサイト

Comment0

Top
ブログランキング参加中! ぽちっとお願いします~!
にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ にほんブログ村 長編小説

 
 Category : ライフ

ジャケ買い。

高杉さん家のおべんとう01

どストライク。

高杉さん家のおべんとう02


「高杉さん家のおべんとう」
著者:柳原 望

「コミックフラッパー」(メディアファクトリー)にて連載中。

~あらすじ~

叔母の美哉が死亡し、娘の久留里(12)を未成年後見人として引き取ることになった、地理学者の卵・高杉温巳(31)。

家族を事故で失っている温巳と、たった一人の家族である母親を失った久留里はどこか不器用ながらも、「お弁当」を通じて家族になってゆく――という家族愛料理漫画。

高杉さん家のおべんとう03


絵がすごく上手いとかそういうわけではないんですけど、表情がすごくいきいきしているのと温かみのある雰囲気に惹かれてジャケ買いしてしまった。

久留里は感情表現が苦手なのだけど、料理に関してはすごくこだわりがあり、温巳がコンビニで買い物をすると機嫌が悪くなったり料理のことについてはこだわり屋さん。
料理が絡んだ時の「もふーっ」な笑顔は反則です。

個人的な感触では、「りびんぐゲーム」(星里もちる)を初めて読んだ時と近い感動とどきどきを覚えました。
(って、誰かこの意味分かるんだろうか?)

とにかく娘(というより、家族)が欲しくなる漫画でした。
癒される。

高杉さん家のおべんとう05

作者さんは元々白泉社のLaLaとかで書いてた少女漫画家さん。
なるほど、確かに言われてみれば温かみのある作風はまさしく少女漫画。
どうりで俺の好みにストライクなわけです。
過去の作品はほとんどが絶版なのだけど、頑張って集めてみよう。


余談ですが、"引き取った娘が美少女"というシチュエーションだとか、"くまさんプリントの縞パン"だとか、そういうベタな点についての考察は専門家におまかせしておきますね ←

高杉さん家のおべんとう04


柳原 望 本人ブログ
http://ch07843.kitaguni.tv/

Comment0

Top
ブログランキング参加中! ぽちっとお願いします~!
にほんブログ村 小説ブログ 長編小説へ にほんブログ村 長編小説

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。